かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

Viva!「カルメン」

オペラ「カルメン」が満場のお客様より拍手喝さいを浴び、大成功のうちに幕を閉じました。
合唱団の皆さんのパワーが最高潮に達した白熱の舞台を見ていると、多難な道のりをほんと皆さん頑張ってくださったことに思わず涙がこぼれました。

振り返れば去年の8月、田高合唱部の先輩で、バリトン歌手の須藤さんから今回のプロジェクトのお話を頂きました。合唱指導をと言われても私自身フランス語には縁遠く、目の前には市議選も迫っていて、でも「こんな素敵な企画ぜひ田辺で実現させたい。」と意を決してお受けしました。とにかく本番日だけが決まっていて、各パートの指導者とピアニストに協力をお願いするところから始まりました。集まった指導の先生方と後の事務局で文化振興課のOさんと、合唱団結成の準備、練習計画を相当時間をかけて協議しました。指導者の誰もフランス語に馴染みがなく、どうやって指導していく?団員さんの練習方法は?そもそも合唱メンバーが集まってくれるかな?どのあたりの値段なら客入りが良くなる?衣裳は?小道具は?と数時間協議しても結論が出ないこともありました。

正式に実行委員会が立ち上げられ、年が明けて何とかオペラ「カルメン」号が出発。メンバーの中には楽譜が読めない方もおられて、そんな方でも続けて頂けるようにパートごとの音源を作っていただたり、歌詞にカタカナを振ったりしました。いろんな事情からおやめになる方がおられる中、「このままやっていく自信がない…」と何人もの方からご相談を受け、「今は本当に大変ですが、あまりご自身を追い詰めずにできることを楽しみながらやっていきましょう。」と励まし、本番では田辺オペラシンガースの一人ひとりが最高に輝かしい演技をみせてくださいました。舞台で感極まった方も多かったことでしょう。8ヶ月ものあいだ必死に頑張ったのですからある意味当然と言えると思います。でもソリストの方々も、皆さんの熱い演技や歌声に心揺さぶられて感動されたというのは、お互いが感動を呼び起こしあった宝のような出来事だったと思います。
この日を迎えるために、準備、運営と力強く支えてくださった多くの方々、最後まで稽古に通い続けてくださった合唱団の皆さんに心からの感謝を致します!

「稽古がなくなると寂しいな~。」「明日の夜どうしよう?」とカルメンロスの方も多いことでしょう。田辺の文化史に素敵な歴史を刻まれた皆さんに、これからますますのご多幸とご活躍をお祈りいたします。

f0370467_11320143.jpg

# by maekayoblog | 2017-08-29 11:32 | 音楽 | Comments(0)

野洲市「おせっかい」が合言葉

西牟婁議員団で滋賀県野洲市の行政視察に行ってきました。

多重債務、消費者トラブル、税滞納、生活困窮など暮らしの中で「困った!」「どうしよう!」と途方に暮れた時、どこに、誰に相談すればいいか分からなかったり、市役所に相談に行っても担当課をあちこち行く羽目になることがあります。そんなとき「とにかくあそこに行けば何とかなる!」という相談窓口があれば、不安にさいなまれている人にとっては救いになるでしょうし、事態の悪化を防ぐこともできますし、立て直しを図る上での助けになります。野洲市では、H23年度から「おせっかい」を合言葉に生活相談、法律相談、税務相談、行政相談、生活困窮相談、就活、家計相談などの相談機能を集約した「生活相談課」を置いて、市民の困りごとを解決し、自立を促し、生活再建の支援を行っていました。

例えば、国保税の滞納者に対して最初から徴収に取りかかるのではなく、まずは相談窓口に来てもらい、滞納するようになる要因や背景などを聞き取るところから始まります。相談者は失業、離婚、病気、障害など複合的に課題を抱えていることが多く、まず食糧がなければ食糧支給し、確定申告によって国保税軽減措置をとるなどの救済をし、失業中なら窓口に隣接するハローワークとの連携で就活支援をしたり、家計簿チェックして管理意識や能力をつける援助をして、最終的には納税できるよう支援しているそうです。相談課は市民にとっては困ったときの頼りどころとなり、職員にとっては課題をチームで解決できるので心強い存在になっているようでした。

今回の視察で対応して下さった職員さんが、税徴収という悩ましい課題を明るく自信たっぷりに説明して下さっていたのも大変印象的でした。それというのも「市民共通の願いは健康、安全、幸せである」、ということを念頭に、市長自らこのような具体策を導入提案したところも重要なポイントだと感じました。

f0370467_04124898.jpg

f0370467_04131806.jpg

# by maekayoblog | 2017-08-20 04:21 | Comments(0)

原爆記念日によせて

8月6日と9日、二つの原爆によって多くの命が瞬時に奪われ、戦後72年たった今なお後遺症で苦しむ人たちがいることは、どんな理由があろうとも核兵器を使うことはあってはならない、ということを語っています。

人類史上初めて核兵器を違法化する「核兵器禁止条約」が国連会議加盟国の3分の2、122ヵ国によって採択され、世界は核兵器根絶に大きな一歩を踏み出しました。この前進は日本の被爆者や遺族、市民が長年にわたって核兵器の非人道性を訴えてきた努力によるものです。そして国連交渉会議では日本の市民社会による「草の根」の運動が大きく評価されたのでした。

こうした世界の流れに日本の市民が大きく貢献しているというのに、日本政府が交渉会議にも参加せず背を向けているのは、はかり知れない苦しみを味わっている被爆者に対する冷たい仕打ちで、唯一の被爆国としての役割を投げ捨てたはずかしい行為でしょう。そして、長崎での平和式典で、安倍首相が「核兵器禁止条約」について一言も触れなかったのに対して、「どこの国の総理か」と非難されたのは当然のことでしょう。核保有国との橋渡しをしたいと本気で思うなら、まず核の傘のもとで忖度せず、そこから抜け出すことが必要です。そして核保有国に対して呼びかければ、その時日本は世界平和を構築するリーダーとなりえるでしょう。

安保法制、共謀罪、9条改憲へと武力によって平和を構築しようと考える今の日本の政治を見るにつけ、日本を真のリーダーへと変えれるのもまた市民であると感じます。
市民が政治を変えられるチャンスは来るべき総選挙。市民と野党が力を合わせることが何よりも大事です。「選挙しても政治は変わらない」と思っている方がおられたら、その方こそがカギを握っているのです。




# by maekayoblog | 2017-08-11 02:55 | 平和 | Comments(0)

クラブの練習場がなくなる?

先日、明洋中学校の保護者の方からご相談を受けました。
新武道館建設が扇ヶ浜公園に建設されることで、現在明洋中学校の柔道部、卓球部が毎日の練習で使っている市立武道館が使えなくなる、という問題が浮上しているということでした。

昨年秋、市から学校に、新武道館の建設候補地を知らされないまま、現市立武道館が使えなくなった場合、学校側はどのような対策をとれるか?と打診があったそうで、学校側は、練習場の代替え場所として柔道部は校内の空き教室に、卓球部は中庭にすることになる、と回答したそうです。でも空き教室では面積が現在の1/5になり、危険であることと十分な練習ができないとの問題があるため、現在の練習場を永続的に使えるように、と保護者の方々が働きかけたおかげで、2020年3月までは使えるようになったそうです。ですが、その後はこのままだと取り壊されてしまうことになるので、耐震を施し存続させるか、明洋中学校所管の武道館としてもらえるよう市に要望を出したいと考えておられ、どのような方策が良いかとのご相談でした。

新武道館建設は事業費半分を国が補助するというもので、その補助を受けるためのスケジュール最優先で、街づくりの一環としてわずか3か月で候補地が扇ヶ浜に選定され、共産党は津波防災の観点から計画を見直すべきだと予算案に対し修正発議をかけたものの、否決され予算確定となった事業です。ことを急ぎ、現在武道館を使っている人たちへの配慮に欠けた対応がこのような問題点を生み出したことに対しては、行政としては責任を持って対応するべきだと思います。今日はこの件を市議団会議に出して協議しました。保護者の願いが叶うよう、私もできる限りのお手伝いをするつもりです。そして9月議会の一般質問で取り上げようと思います。


# by maekayoblog | 2017-08-01 04:41 | 相談活動 | Comments(0)

街頭から議会報告


6月議会の報告を市内10カ所で行いました。

嬉しいご報告として、「子ども医療費無料化」が予算化されたことをお話しました。
わざわざ玄関先に出てきて聞いてくださった男性は、「ホンマか!それは嬉しい!」と喜んでおられました。
市内に3人のお孫さんがおられるとのことでした。
そのあとは、一般質問のご報告をしました。

昨日の午後は嬉しいのやから悲しいのやら晴天で、気温32度。
ただ街頭で立ってお話しただけですが、お辞儀をすると汗もポタポタ…っと。
同行してくれた支部長も、私が演説している間日陰に座ってやや夏バテ気味のようでした。

通りかかりのドライバーさんが手を振ってくださったり、わざわざ外に出てきてお話の最後に拍手をくださる方もいて、大変励まされました。

途中映像が動いてお見苦しいことがありますが、お許しください。


# by maekayoblog | 2017-07-27 17:30 | 街頭演説 | Comments(0)