かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

決算審査Vol.2

平成29年度決算二日目の審査に臨みました。

二日目は教育関係の審査でした。
子どもたちに豊かできめ細やかな教育を施すためには、多忙極まる教員の働き方を改善する必要があることは、文科省はじめ市の教育委員会でも認識を同じくしています。
解決の手立てとして一番重要なことは教員数を増やすことですが、これは現在の定数法が改善されなければなりません。それを求めつつ市町でできることとして、今回は私は所管事業の中で学校図書館の司書、部活動の外部指導員、スクールカウンセラーの増員の必要性を質疑しました。

市では学校図書司書を配置するようになって今で3年目、司書数は現在3人のみで、2年ごとに配置校を変えて効果検証を行っているとのことですが、配置校を変えていくことで得られる効果は、各校図書室の環境整備とのことでした。それを全市的にするにはあと6年かかり、その後の司書増員の計画についてはされていないということでした。環境整備によって子どもたちの本に親しむという効果は、6年を待たずとももう出ていることから、司書数増員にシフトチェンジすることを提起しました。

部活動の指導員やスクールカウンセラーに関しては、学校現場のから要望によって県に申請しているとのことですが、学校長や教員自身の働き方に対する意識にばらつきがあることから、過重労働解消を教育委員会として主導的に呼びかけ増員していく必要があることを訴えました。

討論では一般会計では昨年秋から実施された子ども医療費助成の課題について最大限の評価をして賛成しましたが、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計には反対しました。特別会計への反対は私一人だけでした。

数字とにらめっこの日々が続いて、質疑にもエネルギーを費やし気が張っていたので、終わると急に体が重くなったような感覚になりました。
ちょうど田辺市展が開催されていたので、書道・華道・彫刻の展覧を見に行きました。おもわず「うわぁステキ…」と感じる作品をたくさん拝見して心が癒されました。同時に田辺の文化の豊かさを改めて感じました。

夜は文教厚生員会での懇親会でした。議会では真剣勝負で議論にも熱がこもりますが、その場を離れると皆さんそれぞれの素敵な個性でお付き合いさせていただけて、有意義な飲ミュニケーションとなりました。また明日からしっかり勉強していこうと、元気を頂きました。



# by maekayoblog | 2018-10-06 12:01 | 議会 | Comments(0)

決算審査

平成29年度の決算審査初日を終えました。

決算審査はその年度分の事業にかかった経費について、効果や課題を明らかにして次年度以降の事業につなげる大事な審査です。
文教厚生委員会の所管部分だけでも相当の量なのですが、その中から特に住民の方からご意見を頂いていたり、課題に思う事柄を取り上げ質疑しました。

今日は主に厚生関係の審査で、学童保育、病児・病後児保育、特定不妊治療、介護保険などを取り上げました。

学童保育が開設されているところでは、まず6年生までの受け入れ要望がある中、3年生までしか受け入れがなく、長期休暇になると通っている学校の学童に入れない。など保護者のニーズにこたえきれていません。しかも発達において課題を抱える子どもが増加している中、指導員には専門性が求められ、物理的精神的にも負担の多い仕事でありながら、非常勤であるために賃金が年間111万~187万円と非常に安く、募集をかけても確保できないということもおこっています。世帯主の扶養の範囲で働きたい、という働き方のニーズももちろんありますが、何よりも学童が子どもたちの安心できる居場所となるためにも、雇用の改善を求めました。

病児・病後児保育は毎年利用者が増え続け、決算額も増えています。H26年のニーズ調査では緊急時に祖父母世帯に預けることについて、身体的負担や時間的制約や精神的負担をかけていることに「心配である」と答えた保護者が56.8%にのぼること、実際に「緊急時に預かってくれるところがあると安心して働ける」という声が多くあります。そのようなことから広大な田辺市でこの事業が一ヶ所しか行われていないというのは、不足なのではないかと訴えました。そして今年行われるニーズ調査で、病児保育のニーズについての詳細な調査を求めました。

特定不妊治療助成に関しては、一昨年から助成が充実されていますが、それでもまだまだ収入的に余裕のあるカップルにしか受けられないような高額な治療です。しかも市内には治療に対応している施設がなく、近くて和歌山市、それ以遠になると近畿圏へ通うことになるため、交通費も助成対象とすることを提案しました。

色々事前に聞き取りをし、今回は質疑しなかった事柄もありましたが、体力・根気のいる審査で頭痛の鎮痛剤を飲んで挑みました。
明日は教育関係の審査です。引き続き頑張ります!

f0370467_14081224.jpg

# by maekayoblog | 2018-10-04 14:01 | 議会 | Comments(0)

思い集めて

f0370467_01591959.jpg
9月22日、市議団主催で「市民に寄りそい、費用も節約できる庁舎整備の提案」~報告と懇談の市民集会~を開きました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

前段は市庁舎整備事業のこれまでの経過報告とともに、「決め方が非民主的であること」「東山は地震・津波災害時に陸の孤島となってしまうこと」「様々な課題に対する具体的な対策案もなく、街づくりのビジョンもなく、東山ありきで計画が進められてきたこと」などをお話ししました。

そして9月議会で川﨑議員が提起した「市民に寄りそい、費用も節約できる庁舎整備の提案」の提案説明と街づくりの展望を話しました。
「高齢化社会を迎えた田辺にぴったりの提案だ」と賛同の声を頂けたことで、提案が広く受け入れてもらえることに確信をもって、さらに広めていく勇気を頂きました。

質疑応答の時間をたっぷりとって、会場からは意見や提案をたくさんいただきました。多くの方の怒りや不満の根底には、耐震化しなければ営業が続けられないような民間商業施設を、市が市民の税金を使って解体、店舗新築まで行うこと。そもそも事業費122億円が高すぎる。という思いが共通してあるようでした。今回の庁舎整備事業だけに限らず、街づくりの長期的なビジョンもなく箱物行政に走る市政そのものへの強い反発もありました。またそれらを追認するばかりの議会や議員そのものにも厳しい意見が出されました。

庁舎移転に関しては、条例可決ですべてが決まったわけでなく、これから世論の広がりとともに市政を正していくにはどうすればいいか、市議団の考えも提案しながら会場の皆さんと一緒に考えました。心強い提案もいただきましたので、これから私たちも市民の皆さんとの協働を大事にしながら方策を真剣に考えていきたいと思います。



# by maekayoblog | 2018-09-24 02:06 | つどい | Comments(0)

9月議会市議団ニュース

9月議会の市議団ニュースを発行しました。
日本共産党田辺市議団のホームページからご覧いただけます。
f0370467_22135072.jpg

# by maekayoblog | 2018-09-21 22:16 | Comments(0)

街づくりの委員会が街づくりを考えない?

122億円という高すぎる市の市庁舎整備事業案に対し、共産党市議団は今議会で「市民に寄りそい、費用も節約できる庁舎整備の提案」を提起しました。これは、市民の声や現状に配慮し、旧市内に7か所程度、公民館や市民総合センターを活用した旧町村のような行政局機能を持たせ、窓口一つで様々な住民サービスや相談を可能にするものです。さらに行政が住民の近くにいることで地域住民と直接的に街づくりを行え、災害対応も速やかに行える、というものです。そして住民と直接的なかかわりを要しない執務中心のシンプルな庁舎を、災害時、緊急輸送ルートとなる国道号田辺バイパスに近い場所に置くことで、災害拠点機能が確実になります。そして市案のような大きな総合庁舎でなく費用も格段抑えられるため、100%地元の会社で設計・施工が可能になり、営業中のホテルを廃業にする必要もなく、地域経済に大いに貢献できるという対案です。

この提案を、9月6日に記者発表し紀伊民報にも取り上げられました。市民の方々からの反応が良く、「こんな発想があったなんて。」「ちかくに行政がいてくれてたら安心や。」「122億なんて高すぎる、あんたら頑張って!」等々嬉しいお声を頂きました。

そして今日(9月20日)議会本会議において、市庁舎の位置を東山と条例を変えることの採決前に、新庁舎整備及び街づくり等特別委員会で審議が行われました。
共産党市議団が提起した案について、特別委員会で議論することを求めていたのに対し、その是非について委員の発言を文字化しておきます。

安達委員(くまのクラブ):共産党の提案は特別委員会とはかけ離れたものであるので、議論する必要がない。
北田委員(清新会):先日川﨑議員の一般質問で共産党の提案を聞いた。その後、紀新・清新の会派で自分たちの答えを出したので、改めてここで議論する必要はない。
二葉委員(誠和会):一般質問で提案を受けたので、もう議論はいいのではないか。
浅山副委員長(篤志会):私たちも同じく必要がないということです。

議論する中でかくかくしかじかの不備、課題がある、というならまだ理解できますが、議論もせずに否定するとは不誠実極まりありません。しかも提案は庁舎整備で街づくりを考えるものであるのに、「街づくり」という名前が付いた委員会でありながら、議論する必要がないとの発言には唖然としました。市が市民の意見を聞かずに決めた東山への庁舎移転を、ただ追認するだけの姿勢には今日ほど情けなく感じたことはありません。市民のための庁舎整備、市民のための街づくりと考えれば「追認」という議会の議員の権限や責務を放棄することをためらうはずです。あなたが選んだ議員は、あなたの目線に合わせてくれていますか?

# by maekayoblog | 2018-09-21 01:19 | 議会 | Comments(0)