かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

新春のつどい

新春のつどいが続いています。和歌山市での翌日は、周参見でのつどいでした。
こちらでは県議選直後の4月に町会議員選挙があり、竹本直美町議がこれまで取り組んだ実績のお話を交えて、住民の方々から要求の多い国保税の値下げについて、高田よしかずさんには県政に行ってもらい、県議との連携で税額引き下げの取り組みを行っていきたいとお話しされました。

会場からの応援メッセージを語ってくださった女性は、「すさみ町が白浜と合併を検討していた時、高田さんが『住民サービスが隅々にまで行き届かなくなる』と言っていたが、田辺市に合併した龍神や本宮をみると、合併しなくてよかった。あの時高田さんが言ってくれたおかげだ。」とお話しされました。田辺市在住の人間としてドキッとしましたが、私は大きくうなずきながら聞いておりました。また「高田さんには何としても県政に行ってもらいたい、そのための応援頑張ります!」と心強いメッセージもいただきました。

高田さんは、カジノ誘致をするために県では去年で1千万円、今年で7千万円が使われている。皆さんから集めた税金を賭博で儲ける一部の事業者のために使うのでなく、その税金で国保税引き下げを県の制度としてやっていきたい。そして移動するマンションと言われる超大型豪華客船を寄港させるために、下津港では500億円、日高港では30億円、新宮港では4億円を使って港をさらに深く掘っている。しかも年に一回寄港するかしないかのクルーズ船のために多額のお金を使うのをやめ、そのお金を毎年起こる豪雨災害の対策として、河川や道路整備を提案していきたい。と訴えました。

私は議員団からの訴えとして、住民の皆さんの数々の願いを実現させるためには、予算を取るよう議会で追及しなければいけない。でもそうした追及は首長の不備を突くことになると考える与党議員は積極的に行わない。要求実現のために言うべきことを言うのが共産党議員であり、高田よしかずさんです、とお話ししました。
最後に上富田に引き続きM先生のピアノ伴奏でまたまた歌を歌いました。「花は咲く」は一緒に口ずさんでくださる方もいて、和やかな雰囲気でお開きとなりました。
f0370467_10160439.jpg

# by maekayoblog | 2019-01-19 10:12 | つどい | Comments(0)

サヨナラを!

共産党の新春のつどいが和歌山市で行われました。昨年和歌山市長選で大奮闘された島さん、県知事選では畑中さんや市民連合はじめ、新社会党、社民党、自由党などの県代表、各団体の方々が大勢集まり賑やかでパワフルな会となりました。また立憲民主党の県代表からもメッセージが送られました。

私はオープニングでの演奏をしました。
この日選んだ曲は、
新春にはやっぱりこの曲「早春賦」。
そして一斉地方選挙、夏の参院選の候補者皆さんへの応援歌として「明日へ向かう人」「You raise me up」の3曲でした。
「明日へ向かう人」は東北大震災の復興応援メッセージがこめられた半崎美子さんの作品です。
でも私がこの曲を初めて聞いた時、自分の今の活動と重なって歌詞にある文字通り「こころが熱く」なり、候補者の皆さんだけでなく、何かに向けて頑張る人に響く歌だと思って選びました。
素直に言葉を心に刻みながら練習していると、つい涙がこみあげて歌えなくなることがしばしばありました。
つどいの前日でもそんな風になってしまって、「これではダメだ!」と本番ではこみ上がる思いを抑えながら歌いました。
この曲を乗り越えられるように、私自身もっと気持ちをしっかり持って明日へ向かっていこうと思いました。

この日はスピーチされた各人には共通して「アベ政治にサヨナラを!」という思いがこもっていて、皆さん個性豊かに力強くお話しされました。
共産党の女性候補者はあでやかな着物姿で、女性議員数でいうと第一党らしくキラキラ輝いていました。
パワフルな人たちが集まる場所に行くとわたしも元気を頂きました。
さぁ、明日への道は険しいけれど、頑張るぞ!
f0370467_10133380.jpg
f0370467_10132181.jpg

# by maekayoblog | 2019-01-18 10:12 | つどい | Comments(0)

祝成人

地元芳養と田辺市の成人式に出席しました。
芳養では約65名、市では733名の新成人が門出を迎えました。

芳養大神社の式典会場に行くと、何人かの知り合いの保護者の方々とお目にかかり、幼馴染のお姉さんとも何十年ぶりかの再会もできました。
皆さん立派にご子息を育て上げられ、式典を少し離れた場所から見守る皆さんのお顔は喜びに満ちていました。
また声楽の教え子の晴れ姿も見ることができ、大学で頑張っている様子も聞けてとても嬉しく思いました。

紀南文化会館では新成人と来賓者で会場がいっぱいになり、パワーみなぎる新成人の皆さんは眩しいばかりでした。
新成人代表者の意見発表では、すでに社会人として責任ある立場で活躍されながら、さらに地域のためにも貢献できるよう頑張っていきたい、と頼もしい決意が述べられました。彼の話の内容からお母様はこの日の晴れ姿を見ることが出来なかったことが伺えました。お母様の無念、ご本人のそれでも「見ててよお母さん」という気持ちが痛いほど伝わって思わず目頭が熱くなりました。

ふと、自分のことを振り返ると、あの頃はただ懐かしい友達に会えて心が躍っていました。
自分が将来何をしたいか、ただ「音楽の道を究めたい。」そのことしか考えていなかったように思います。
まさか今の自分になるような転機が訪れるなんて考えもしていませんでした。
そんなことを思うと、人生をも変えるかもしれない人との出会いというのは、本当に一つひとつ大事にしていきたいと改めて感じました。
ちょうど同じことを芳養大神社での式典の際に、芳養連合町内会の役員さんが祝辞でお話しされていました。
これから期待と不安を胸に飛び立たれる新成人の皆さんに幸多きからんことを心からお祈りします。
f0370467_23505284.jpg
f0370467_23510460.jpg

# by maekayoblog | 2019-01-13 23:50 | 地域 | Comments(0)

熱い思い

3月末に行われる和歌山県議選挙に先駆け、上富田町の新春のつどいに参加しました。
オープニングで演奏のリクエストを頂いて、「早春賦」と「花は咲く」を歌いました。ピアノを弾いてくださったM先生とは初めての演奏でしたが、とても心地よく歌わせ頂きました。(ワインがお好きだとか162.pngもっともっとお話ししたいです。)次回、周参見での集いでもご一緒させていただきます♪

高田よしかずさんの訴えは、冒頭、前回の悔しい気持ちをぐっと抑えながらお話しされ、私も思わず胸が熱くなりました。
「カジノ誘致」「原発再稼働と核のゴミ」「憲法」「消費税10%の増税」とどれをとっても住民のいのちと暮らしを守るために、アベ政権にお灸をすえないといけない。1機100億円強もする戦闘機を政府は147機も購入しようとするなど、皆から集めた税金を湯水のように使われているが、その税金は医療・福祉など社会保障に回すべきという声を届けるために、この県議選に臨んでいきたいと決意を述べられました。御坊では、くすもと文朗さんが二階自民党幹事長のおひざ元で現職自民党県議と一騎打ち。そして紀南でもしっかり審判を下せば政界に大激震が起こる。国政も占う選挙になると訴えました。

応援メッセージでは、農業関係者から、今年3月いっぱいで種子法が廃止されれば、種の品質管理が損なわれたり価格高騰が懸念され、しいては食糧確保に困難が生じかねない。兵庫のように県条例で種子の遺伝資源を守る取り組みが必要。と訴えられました。もうお一方は「岸壁の母」の芝居を披露され、息子の帰りをひたすら待ちわびる熱演に涙する人が大勢おられました。

高田夫人の成美さんも、高田さんが取り組んだ郵便橋付近の道路の拡幅などの実績を紹介しながら、「皆さんの役に立つ仕事をする人です。わたしも今度は頑張れるようリハビリをして体を整えてきました。頑張ります。」とお話しされました。

どの方のお話も、平和と暮らしを守りたい。そのために今度こそは高田さんを県政に!という熱い思いが伝わって、私の心にも静かに火が灯りました。きっと会場の皆さんもそんな風に感じた集いだったのではないでしょうか。
原発、憲法などなど国言いなりの県政を進めるのでなく、住民の目線にたってするべきことをきちんと訴える議員こそ必要です。
その人は「人柄よし、経歴よし、行動力よし」の「よし」がいっぱいの高田よしかずさんです!
f0370467_22411294.jpg


# by maekayoblog | 2019-01-13 22:41 | 選挙 | Comments(0)

11th Day 近畿一斉宣伝

今月の近畿一斉宣伝は和歌山県議選(3月末)、周参見町議選を目前に控えた周参見町への支援として竹本直美議員と行いました。

竹本町議は「皆さんの暮らしはいかがですか?」と、問いかけから始まり、「消費税10%の増税がされたら、年金受給額が月7万円の方だと1割が消費税としてなくなり、残り6万3千円で生活しないといけなくなる。国保税も介護保険料を支払うともう手元には残らんよ。という声を伺っています。こんな状態ではますます景気は冷え込む。大企業や富裕層から応分の負担をしてもらえば、消費税増税に頼らなくても済むと思いますが、いかがですか?」と命と暮らし守る政治にするために力を貸してください、と訴えました。

途中、演説を聞いてくださった後援会員さんから「頑張ってもらわなあかんな」と激励を受けたり、「ワシは共産党と違うけど、安倍一強はアカン。頑張ってよ。」と嬉しいお声を頂きました。

これから県議選告示までの間で、西牟婁の町議5人と高田よしかずさんとで2000回の街宣をしようということになっています。一人あたり300回強。私もしばらく周参見通いが続きます。お陰で周参見の道にも詳しくなりそうです。今週は上富田と周参見での新春の集いや御坊市議選の応援とあちこち飛び回ることになりますが、市町を超え皆で力を合わせて頑張っていきたいです。
f0370467_22542849.jpg

# by maekayoblog | 2019-01-11 22:52 | 街頭活動 | Comments(0)