かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

何のために生まれて何をして生きるのか♪

第九大阪公演の翌日、12月18日、西部公民館主催の人権学習会に参加しました。
講師先生のお話の前に、地元の第三小学校、明洋中学校の生徒さんによる演説発表があり、お知り合いの娘さんがしっかり発表されていました。

そのあと、われらが「あすなろ合唱団」が2曲演奏しました。学習会の趣旨に合わせて「生命(いのち)賛歌」「アンパンマンのマーチ」を演奏しました。あすなろ合唱団は人数的には小規模の団ですが、歌うのが大好きな仲間ですから、本番は活き活きとした表情で声高らかに歌いました。私は指揮している間ずっとお客さんにお尻を向けているのですが、曲の最後にクルッとお客さんの方を向いて「アンパンマーン!」と呼ぶと、会場が少し沸いたようでした。

各発表の後は、講師:岩崎順子さんによる「97才のおじいちゃんも昔はあかちゃん」の講話を聞きました。ご主人やおじいさまの死を通して、人間は自分たちの命の営みを超えた、天からの大きな計らいのなかで生かされ、学んでいく。私たちの命も何億という命の営みを経て頂いた命、その命を精いっぱい輝かそう、という内容でした。
以前、市党の後援会で落語家露の新治さんをお呼びしたときも、同じことをお話されたのを思い出しました。師匠は「願いに生きる」とかけて「願ばりましょうよ」とお話されていました。「アンパンマンノマーチ」には「何のために生まれて、何をして生きるのか、答えられないなんて、そんなのはいやだ。」「いけ、みんなの夢守るため」とあります。

生きていくには厳しい世の中だけど、頂いた命に感謝して、夢や希望に向かって命を燃やそうと励まされました。素敵なお話を聞いて、すがすがしい気持ちで会場を後にしました。
f0370467_12074330.jpg

by maekayoblog | 2016-12-30 12:08 | 音楽 | Comments(0)