かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 16 )

カジノNO最後の機会!

和歌山県知事選挙の告示後、畑中さんを迎えて田辺でのつどいが開催されました。
畑中まさよしさんご本人と、来年3月の県議選予定候補の高田よしかずさんがお話しされました。

畑中さんは「何と言っても争点はカジノです。」と訴えました。カジノは賭博であって、一夜にして大金を失い依存症を生み出す。本人だけでなく家族にまで不幸をもたらし県民の暮らしを壊してしまう、と話されました。政府が2020年度までに大阪、苫小牧、和歌山の3つの市からIR(統合型リゾート)の誘致場所を決定する計画から、これをストップさせることができる最後のチャンスだと訴えられました。

続いて高田さんは、県が進めようとしているカジノ誘致や、マリコンといって、年に一回も寄港しないような豪華客船のために大きな港湾を新宮に作ろうとしていることなど、税金を一部の利益誘導に使うのではなく、川底の土砂を取り除くこと、防波堤を作ること、被災した家屋への修復支援を充実させることなど必要なことに予算を回すべきと訴え、旧白浜空港跡地やスポーツパークに、普段は憩いの場として、災害時には避難所となる防災公園(海南市で計画中)を作る提案もされました。 
f0370467_23385374.jpg
私も応援メッセージとしてお話ししましたので、スピーチ原稿をご紹介します。

先日ママさんたちとはなししていると、憲法も消費税も「ほんまに日本はどうなるの?」「安倍さんやりたい放題やな」「なんであれだけのことしても安倍さん辞めないの?」なんていう会話になりました。どうして倒れないのかは、安倍さんにしてみれば憲法を変えるまでは政権にしがみついてでも離れるわけにはいかないからでしょう。それに国会での数の力をいいことに、今なら何でもやれると、思っているからでしょう。じゃ私たちはどうしなきゃならないのか。それは選挙で審判を下さないといけなのではないでしょうか?

知事選では「豊かで住みよい和歌山県を作る会」の畑中まさよしさんが、県内を駆け回って頑張っておられます。その前は皆さんもご存じ、「田辺市庁移転候補地を改めて考える会」のリーダーとしてこの夏、田辺市内中を駆け回っておられました。ご本人曰く、すでにお肌がこんがりしているのはそのためだそうです。 市庁舎移転については、私たちは大きく3つの点で問題を指摘してきました。一つ目は市民の意見を聞かずに市が勝手に候補地を決めたこと。2つ目は高すぎる事業費。122億円は市民1人当たり17万円に相当します。3つ目は、耐震性のない建物を市の負担で取り壊し、その後に当たり前の値段で土地を買って、それに新たにオークワの買い物施設と立体駐車場を作る、という全国にも例がない事を独断で推し進めようとしていることです。そこで畑中さんは、ご友人の願いもあって「考える会」を立ち上げ、そこで様々に飛び交う意見を決して否定せずに見事にまとめて、「移転候補地を見直し、大事なことは市民に直接聞くべきだ」としっかり方向を示してこられました。会の取り組みは、当局の言うことは何でも賛成の市議会の流れを明らかに変えました。そして先月市議団では議員一人50か所を目標に街宣し、ニュースも発行して更に民意の掘り起こしをしようと活動してきました。今、真砂市政は市庁舎に限らず、新武道館にしても文里湾横断道路にしても、市民の声を聞かないで、誰の声を聞いたのか、と問いたくなる状況です。市庁舎整備のことで頑張ってきた畑中さんを「今度の選挙は応援するよ!」と言ってくれる人たちが増えています。そのことから、今回の知事選は田辺市政を変えるチャンスになるのではないかと思っています。そしてカジノ誘致や核のゴミを拒否し、憲法を守ることなど、政権や国会議員の言いなりならず、真に県民の命と暮らしを守るには仁坂氏ではダメです。畑中さんを幅広い方々に支持を広げて知事へと押し上げていきましょう。


さらに知事選での勢いを来年3月末の県議選挙へ繋げていきたいと思います。

高田よしかずさんを今度こそは県政へ送り出しましょう。西牟婁の現職議員の議会質問の議事録を見ますと、一人は自称国防族県議。式典の際に日の丸に敬礼するときの一般住民の姿勢が悪い。学校で教育していく必要がある、と時代錯誤も甚だしく、もう一人は当局の答弁の意味が分からない、と議場で恥ずかしげもなく聞くような始末です。高田さんは「経歴よし」「真心よし」「政策立案よし」の「よし」がいっぱいの「よしかずさん」です。ご本人はしっかり考えて練っておられるのだと思いますが、何気にフッとおっしゃる言葉のなかに、いつもハッとさせられるようなアイデアや考えが出てきます。高田さんこそ西牟婁のエースとして県議になるべきです。それに田辺にとっても近くに共産党県議が必要です。といいますのも、先ほど触れた文里湾横断道路ですが、必要性というのが薄れてきているのに、防災のためだと理由をこじつけて市と県は推し進めようとしているわけですけれど、そういうことを議会で質してくれる県議がいてほしいです。さらに近年、毎年のように豪雨災害が市内でも起こっていますが、森林や河川、沿岸沿いの防災対策は県事業のものがほとんどです。予算をしっかり確保することがこれから必要になりますし、実際この夏の台風で市民の方から災害対応のご要望を頂きましたが、近くに県議がいてくれればより力強く訴えられるのに、と私自身痛感しました。ということで田辺市にとっても西牟婁の議席は必要不可欠です。何としても勝ち取るために皆さん、力を合わせていこうではありませんか!どうぞ皆さんのつながりでご支持を広げていっていただけますようお願い申し上げます。


最後に、今始まっている県知事選挙や来年3月末に行われる県議選挙を、来年夏の参議員選挙に繋げるためにも、市民と野党の力と心を集め積み重ねていこうではありませんか、そのことを訴えまして、私からの応援メッセージといたします。


by maekayoblog | 2018-11-11 23:37 | Comments(0)

9月議会市議団ニュース

9月議会の市議団ニュースを発行しました。
日本共産党田辺市議団のホームページからご覧いただけます。
f0370467_22135072.jpg

by maekayoblog | 2018-09-21 22:16 | Comments(0)

なんで?のヒント

女子大学生9ぴっとさん(ペンネーム)が、創刊90年を迎えるしんぶん赤旗の魅力を語ってくれています。
記事の冒頭で9ぴっとさんは、「私の"なんで?"に答えてくれたり、ヒントがあったりするのが『しんぶん赤旗』です」と話されています。
ホントそうそう、って思いながら読みました。ぜひぜひこの記事読んでみてください。
f0370467_10481177.jpg
実は私も学生時代、党員でもなかったのですが赤旗日刊紙を購読していました。どうせ毎日読む新聞なら、世の中のこと忖度なしに書いている情報が欲しいな、と思ってたので。そして当時まだ日本を離れたことのない私にとって、海外のニュースが豊富だったのが好印象で、世界から見た日本の情勢も感じられ、それは今でも同じです。

9ぴっとさんの記事に私が一番深く共感したのは、「遠回りだけど、一番近道は政治を変えること」。平和で安心して暮らせる世の中を作るために、自然、環境、教育、文化などの方面でいろんな種をまく活動があり、私も少なからず携わってきました。でもすべて突き詰めるといつも政治に行きつき、そこが変わると良くなるんだ、と何度も何度も感じたからです。

メディアの幹部が安倍首相とお食事ばかりしているうちにジャーナリズムが大政へと流れ(海外では出されたコーヒーにも手を付けないようですよ)、大事なニュースもあえて国民から遠ざけてしまうような今日では、しんぶん赤旗は確かに政党機関紙でありますが、本当のことを知ることができる新聞だと思います。どなたにでも読んでいただけますし、幅広い層に読んでもらいやすいよう、文化・スポーツ・健康面などでも読み応えあります。それと購読料が政党助成金を一切もらっていない党の大事な収入源です。今の政治情勢に不満や不安をもち怒っている方々からは「共産党がんばらなアカンで!」と言ってくださる方が多いですが、ご購読で支えていただければ嬉しいです。一回どんなのか見てみようかな、と思われましたらお声をかけてください。見本誌お届けします162.png



by maekayoblog | 2018-02-02 12:00 | Comments(0)

のんびり屋やめ!

5月の臨時議会で、正・副議長が決まり、いよいよ新体制での田辺市議会が始まりました。
挨拶まわりや6月議会で行う一般質問の準備をしていると、一日、一週間があっという間に過ぎていきます。

この間、田辺西牟婁年金者組合の総会に来賓で出席・挨拶したり、総選挙和歌山三区予定候補の「くすもと文郎さんを励ます会」でミニコンサートをさせて頂いたり、かわさき議員が講師となって開催して下さっている議員勉強会に参加したり、学童保育の現場や子育て支援課に出向いてお話を聞かせて頂いたり、地元芳養連合町内会の皆さんと懇談したり…と議員活動が少しずつ活発化しています。さすがにのんびり屋の私も、のれんをかけ替えて綿密に計画立てて過ごさないと!と思っています。

f0370467_11460866.jpg
▲5月24日、全日本年金者組合西牟婁支部総会に出席。

f0370467_11461642.jpg
▲御坊で開催された、「くすもと文郎さんを励ます会」。広い3区の各地から300人近い参加があり、あとから椅子を追加するほどの盛況ぶり!ミニコンサートでは私自身が「子どもたちに手渡したい平和な未来」を守りたい、との思いから政治の道を歩む決心をした、というお話を交えて「アンパンマンのマーチ」「多喜二へのレクイエム」「勇気100%」を演奏しました。最後は皆さんと「上を向いて歩こう」を大合唱しました♪ 「市民連合わかやま・くまの」(通称わかくま)さんの活動報告が先駆的で、ネットを駆使したこれからの発信が楽しみにです!わかくまさんのサイトを下記にご紹介しますね。この日に語られた熱い思い、勢い、3区の隅々まで広げよう!



by maekayoblog | 2017-06-06 12:17 | Comments(0)

ひよこのいっぽ

5月23日、新任議員の説明会で議会の概要や市の財政や予算書の見方などのレクチャーを受け、翌24日、議員バッジをつけて初登庁しました。
いつものように大バトルをして子どもを園に送り出し、手早に家事を終わらせ慌ただしく身支度して…なんてしていたら、新しい生活の始まりに深く思いを巡らすなんてこともできずに家を出ました。

午前中は会派の市議団会議で、26日から始まる臨時議会の詳細の議論と6月議会の一般質問の内容を議論しました。午後からは準備総会で、議員全員と市長、副市長、教育委員長の顔合わせをし、臨時議会に向けての準備となる会議となりました。

この二日間で受け取った膨大な資料にしり込みしそうですが、一つひとつ勉強していくしかない!そして自分が決めた道、送り出して頂いた活動の場であることをしっかり胸に刻んで頑張ろうと心に誓いました。

by maekayoblog | 2017-05-25 17:06 | Comments(0)

第62回母親大会

5月21日、紀の川市で行われた第62回母親大会に参加しました。
今回はチビさんを連れての参加。会場では保育を予約してましたが、保育室を脱走するかも…講義の半分でも聞ければいいかなくらいの気持ちでいましたが、幸い保育室にチビさんお気に入りのおもちゃがあったので、じっくり勉強することができました。

午前中は「どうなるの?これからの介護とくらし」という分科会に参加しました。他に童謡を歌ったり、藍染め体験したり、子どもと遊ぶという分科会もあったのですが、これからの仕事で知識が必要となる介護制度を勉強しようと思っての選択でした。

国の介護保険制度改悪で、要支援1,2の介護サービスが保険が適用外となり、各自治体で地域包括ケアシステムが導入されることになりました。今までヘルパーさんがしてくれていた介護支援を地域のボランティアさんたちが無資格で行うというものです。高齢者ができるだけ自立した生活をできるように支援するのが本来の介護のあるべき姿であり、国の責任で行われるべきことですが、こういった改悪を批判だけしていても始まらないので、国には改善を求める一方で、高齢者ができるだけ健康で自立した生活を続けられるよう、できることはなるべく自分でしてみる、そして困ったときはためらわず周囲に助けを求めていきましょう、という方向のお話がされました。できるだけ保険を使わないようにする、ということがしいては保険料を上げずに済み、介護保険制度の持続につながる、ということでした。う~~~ん、これでは国の思うつぼ、という感じもしましたが、高齢者の健康と保険制度の持続のために別方向の考えがあるのだと、感じた分科会でした。保険制度の持続は何も保険を使う人たちだけの責任ではなく、医療・福祉の予算が削られる中、防衛費だけが増えていく、という状況にメスを入れるべきことだと改めて感じました。

午後は、日弁連者会長で、東京都知事選の候補者でもあった宇都宮健児さんの記念講演を聞きました。供託金を諸外国並みに安くして、社会に対して「これはおかしい、変えていかなければ」と思った人が、選挙に出やすいようにするべき。世襲性によって劣化した政治から生まれた現政権の暴走は、選挙によってストップさせ政治を変えていくしかない。私たち一人一人は微力だけど決して無力ではない。あきらめずに声を上げ続けよう、というお話が特に印象的でした。
f0370467_16185804.jpg

by maekayoblog | 2017-05-23 16:28 | Comments(0)

3.11によせて

5回目となる3.11、市民連合田辺西牟婁主催の「渡辺さんの講演と安倍政治を語る市民のつどい」と「原発ゼロ!フクシマを忘れない3・11パレード」に参加しました。

渡辺治さんの講演には紀南文化会館小ホールいっぱいの参加者がありました。
演題は「市民と野党の共闘で、くらし、平和、憲法を守り生かす政治の実現を」。
これまでの自民党支持者ですら、安倍政権を危惧する声が聞こえるようになり、現政権に代わって市民と野党が力を合わせ新しい政治を作る動き「野党共闘」が昨夏の参院選で生まれました。この市民と野党の共同が60年安保での成果と課題を踏まえ様々な工夫によって作られてきたこと、それが1+1が2でなく、3にも4にも広がって力を発揮したこと、これからさらにいろんな分野でこの共同を豊かに力強く発展させて、安倍政権に代わる平和と福祉・くらし充実の政治を大きく打ち出していくことが必要、とのお話をされました。

私が市議候補になる決意をしたのは、子どもたちに平和な未来を残したいからです。でも平和だけでは私たちは暮らしていけないのが今の社会の現実でしょう。その「くらし」と「福祉」をどのように打ち出しをしていくのか展望が持てた講演でした。

渡辺さんのお話の後には、以下の4氏が発言されました。
「格差と子どもの貧困」 布袋太三さん(ハートツリー事務局長)
「高齢者の現状と介護保険改悪」横山真治さん(高齢者生協紀南事務局長)
「競争と管理の学校教育」桧山和生さん(教職員)
「原発再稼働は許さない」菅野明彦さん(福島⇔田辺サマーキャンプ代表)

各野党からは、社民党の野見山海さん、共産党の楠本文郎さんのご出席があり、民進党からはメッセージが寄せられました。

講演の後は「原発ゼロ!フクシマを忘れない3・11パレード」に参加し、文化会館から田辺駅までの間をシュプレヒコールしながら歩きました。
f0370467_03052246.jpg
f0370467_03054685.jpg
f0370467_03061397.jpg
f0370467_03065565.jpg

by maekayoblog | 2017-03-13 03:08 | Comments(0)

錫婚式

全くプライベートなことですが、先日結婚10周年を迎えました。
途中、夫が単身赴任していた時期もあり、子どもを授かってからはドタバタな毎日で、あっという間に歳月が流れた感じがします。

結婚10周年は、錫(すず)婚式、というんだそうです。どうして錫なのかはわかりませんが、錫の特徴は金属の中でも柔らいため、強い衝撃でも割れることなく、凹んでも元の通り修復できるのだそうです。ルンルンでスタートした生活もそのうちぶつかり合うようになります。生まれ育った環境が違う他人さん同士なのですから当然のことで、我が家も例外ではありません。それでもまだまだパートナーに対して尊敬できる部分を持っていたりしますから、相手の嫌なところ、自分の悪いところを許しあいながら歩んでいける。そんなあたりが錫になぞらえられているのでしょうか。

我が家では私が候補者になるという激変がありました。私の決意よりも夫の理解の方がはるかにハードルが高かったに違いありません。ある方は「あんたのお父さん(夫)はほんまにエライ!よう感謝せなあかんで。」と言ってくださいました。雲をかき分け進むような生活になって二人がぶつかることもあります。それでも冷静に考えると一番戸惑うのは夫で、なんだかんだ言いながらも協力してくれていることに感謝しないといけないな、と思います。夫は公務員ゆえに「僕は佳世ちゃんのために1票をお願いすることできないけど、しんちゃんと家のことでフォローするよ」と、外に出っぱなしの私を子守りや家事面で助けてくれています。結婚した人が夫でなければ今の私がないと考えると、心から「ありがとう」と言わなければなりません。

次の10年の節目には、私は何を考えるのでしょうか。また「ありがとう」と言えるように頑張りたいです。
f0370467_00190333.jpg


by maekayoblog | 2017-01-30 00:10 | Comments(0)

市長さんにビデオレターを届けました

昨年9月から新婦人さんや子育て中のママたちと一緒に取り組んできた「子ども医療費中学卒業まで無料化を」求める署名は4400筆集まり11月17日に田辺市に提出しました。その際、市長さんの日程が合わずママたちの生の声を聞いていただけなかったので、昨年12月19日に再調整していただき、ママたちの声を収めたビデオレターを直接市長さんにお届けしました。新婦人さん、子どもを連れたママたち3人、久保ひろつぐ市議、かわさき五一市議が同席されました。

ビデオレターには、「アレルギーの子ども3人の通院は経済的に厳しい」「医療費無料にしてもらえたら、子どもの学費を備えられる」「お金がかかるとつい受診をためらってしまう」という声などが収められていました。私もひとりの母親としてお願いするとともに、無料化が実施されている他の自治体に引っ越す家族も少なからずあり、子育ての地として田辺市は選ばれていない、と署名活動を通して伺った声を届けました。

市長さんは、「皆さんの思いは重々承知している。来年度は子育て支援という観点で重点的に取り組んでいきたい。」と答えました。2012年から要求実現への歩みが始まり、共産党田辺市議団の3人も何度となく議会で訴え、昨年は無所属の議員お二人も請願に賛成したこの取り組みが、あと一歩というところまできたように思います。
f0370467_03474312.jpg

f0370467_03491977.jpg

by maekayoblog | 2017-01-12 03:59 | Comments(0)

子ども医療費無料化、思いを届けました。

今年7月から和歌山県保険医協会さんが中心となって取り組んでいた、子ども医療費無料化を求める署名は、新婦人さんやママたちが一生懸命広げて4400筆が集まりました。私も子育て真っ最中の当事者として、息子が通う幼稚園の保護者会で取り組んだり、子育てママがたくさん集うサークルやお世話になっている小児科にもご協力いただき、735筆を集めました。

11月17日、保険医協会の事務局長さん、世話人の番先生、新婦人の方々、9条ママnetキュッとのママ、久保ひろつぐ議員と一緒に、皆さんの思いの詰まった署名用紙を市に届けました。同時に医療費がかかることで受診を躊躇することなく、どの子も等しく必要な医療が受けられるよう、より一層の子育て支援をお願いしました。活動を一緒にした新婦人や9条ママnetキュッとのメンバーさんは、単に「子育て支援に」という言葉では収まらない切実なお話も訴えました。元教師をされていた方は、子どもに「虫歯治そうね」と歯科健診結果の用紙を渡してきたけど、治療費がかかることを気にして、用紙を親に見せられない子どもがいた。子どもたちの心に負い目を負わせてきたことを涙ながらに訴えられ、私も思わず目頭が熱くなりました。

市当局からは、国や県の動向を注視しながら検討をすすめたい、と返答がされました。助成にかかる概算は約9000万円。和歌山県下でも田辺市を含む3つの市町村以外ではすでに実現されていますし、田辺市において予算がないと片付けられないように思います。優先順位を変える思い切った転換を切に望みます。

f0370467_02542252.jpg
11月3日、スーパーの前で署名活動
f0370467_01484936.jpg
思いの詰まった735筆
f0370467_01241706.jpg
11月17日、番先生から市民環境部長へ署名用紙が渡される

紀伊民報が当日の様子を記事掲載しています。



by maekayoblog | 2016-11-23 01:52 | Comments(0)