かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:福祉( 2 )

地域福祉フォーラム

地域福祉フォーラムに行ってきました。
高次脳機能障害を持つご本人とお母様それぞれの立場からのお話は、衝撃でもありましたが、言葉の一つひとつが生きた言葉で「生きる」ということの深い意味を学ばせて頂きました。

ポズック楽団のステージは観ていると気がつけばニコニコ、拍手してました。二度目に拝見しましたが、レパートリーも豊富なのですね😊

f0370467_03065633.jpg
f0370467_03072623.jpg


by maekayoblog | 2018-08-26 03:02 | 福祉 | Comments(0)

介護保険、老いても幸せに

和歌山県医労連主催の学習会「安心の介護サービスで、安心して暮らせるまちづくりを」に参加しました。
2017年に介護保険制度が改定され、これまで国がサービスの基準や値段を決めていたのが、今年4月から市町村が独自に決めておこなう事業へと変わります。その問題点や課題についての学習でした。

要支援1,2でのサービスはほぼ変わりなくあるようですが、保険適用外となり家事支援やサービス提供は無資格のボランティアやシルバー人材センターも担えるようになります。そして国からの給付に上限が設定されるので、上限を超えた分は市町村負担となります。また自立支援によって重度具合が軽減した取り組みに対して交付金が支給されるようになります。

こうした流れの中で起こりうる問題点は、財源が十分でない市町村ではサービスが削られたり、保険利用者の増加を抑えるために、要支援や要介護認定を受けさせないよう自立支援を促進していくようになることが危惧されています。また家事支援やリハビリの成果に応じて交付金がもらえるとなれば、ケアプランを検討していく地域会議において、要介護者本人の希望するケアが受けられなかったり、過度なリハビリプランが立てられることもおこりうるようです。要介護者は歳を重ねるにつれ出来ないことが増え、状態悪化の進み具合を緩やかにすることは出来ても治ることは期待できず、「出来ないことが増えてしまっても幸せに暮らせる保証が介護保険だ」と講師の日下部氏は主張されました。でも今の介護現場ではデイサービス利用者をお客様扱いして、自立支援とは言い難い過度なお世話をしていると言う現状もあるそうで、今後地域で介護の在り方について、具体的な事例も交えてしっかり考えていく必要があると感じました。
f0370467_00170968.jpg




by maekayoblog | 2018-02-04 03:48 | 福祉 | Comments(0)