かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:防災( 3 )

防災訓練

町内会の防災訓練に参加しました。
町内にはスポーツパークに上っていく非常階段があるのですが、「どこにあるのか分からない」という声に町内会が応えてくださっての開催でした。

市の消防士が講師として来て下さって、まず公園で消火訓練をしました。
やりたがり屋の息子も初めて消火器を触らしてもらってプシューッと実習しました。

そのあと非常階段を上ってみました。ここの階段は色々住民の方からご指摘を頂いて一度現場に見に来たことがありますが、
照明がないので夜間だと危険な事、階段入り口がブロック塀で囲まれた個人所有の駐車場のため、ブロックをまたぐには高齢者の方には厳しいこと、などなど参加した皆さん同じように感じられたようでした。

そのあとは町内会間に場所を移して、消防士さんによる防災講演を聞きました。明洋団地は高台なために津波に関しての話は少なめで、主に地震と地震火災はへの対策について学びました。津波に関しては、その時自宅にいるとは限らないので、芳養公民館で毎年開催されている津波防災学習にも明洋から積極的に参加されるといいですね。今回私が新しく知ったのは、「地震火災と感震ブレーカー」です。地震で停電した状態から再び電力が流されるようになった時、漏電によって起こる火災を地震火災と言うそうです。阪神淡路大震災や東日本大震災の際の火災で最も多かったそうです。その反省から熊本地震の際には一軒一軒確認後に電力を再稼働させたそうです。でも南海トラフ巨大地震となると被害が広範で一軒一軒の確認が可能かどうか不安です。そこで自宅を守るために地震の揺れでブレーカーがOFFになる感震ブレーカーで対策をとることが提唱されました。お値段は装置によって様々ですが、安価なものだと700円くらいで工務店に売っているそうです。

防災対策に完璧はありませんが、少しでも意識して備えておくことが大事だと改めて感じました。町内会の役員さん、消防士さん、ありがとうございました。


f0370467_23362352.jpg
同日スポーツパークでは農林水産まつりが開催され、議会からの来賓として出席しました。
つきぬけるような青空の下、開会時からすでに大勢の人が集まり、お目当ての物産を求めて長蛇の列も数々。品評会の会場には各農家さんの力作が展示されていました。友人のお父様の出品もありました。いつも美味しいと思って買っているミカン農家さんが受賞されていて、なんだかとても嬉しくなりました。天候に左右され厳しい状況にもおかれる産業ですが、日々頑張っておいしい作物を作っておられる農家さんたちを間近に感じることができるお祭りでした。
f0370467_23363739.jpg
午後からは畑中県知事候補の必勝を願っての集いに参加し、ひと言応援メッセージを述べさせていただきました。
これについては別だてで投稿していますので、こちらをリックしてご覧ください。
f0370467_14480470.jpg


by maekayoblog | 2018-11-12 23:35 | 防災 | Comments(0)

防災ワークショップ

先月26日(日)、芳養公民館主催の防災ワークショップに参加しました。
今後20年のうちに70%の確率で起こるといわれている南海・東南海地震。その地震・津波から身を守るために、避難場所までどうやって逃げるのかを考える学習会でした。
居住地ごとにグループに分かれて、「逃げ地図」を作る作業をしました。用意されたひもの長さを、お年寄りがゆっくりの速度で3分間に移動できる距離とし、それを地図にあてて、避難場所から自宅まで避難にかかる時間がどれくらいなのかを色鉛筆で色別していきました。

私がご一緒させて頂いたグループは芳養松原2丁目と1丁目。避難時間がおよそ10分から15分以内のところがほとんどでした。避難場所から参加者の自宅までの最短ルートを確認したり、家屋やブロック塀が倒壊してふさがれる可能性がある道を把握したり、その場合の対策を考えたりしました。この地域の津波到達予想時間は津波発生から15分。一見問題なく逃げられそうに感じますが、揺れがおさまって実際に家から出られるようになるのに、10分ほどかかると言われているそうで、予断を許さないことが伺えました。

「逃げ地図」作成の目的は、避難路の確認や問題点を浮かび上がらせるだけでなく、この作業をすることによって「逃げるんだ」という意識をしっかり持つことなんだそうです。町内会レベルでこうした取り組みをしていけば、より避難に対する意識強化や、避難路の問題点の解決につながると感じました。

f0370467_01244726.jpg

by maekayoblog | 2017-04-04 01:25 | 防災 | Comments(0)

いつか来る日に備えて

防災月間に入る少し前、家族で淡路島に行った際、北淡震災記念公園を訪ねました。
ここには震災で現れた野尻断層が当時のままに観ることができ、自然界の脅威を感じさせられました。
私自身、豊中で学生生活を送っているときに阪神・淡路大震災を経験しました。住んでいた部屋の家具が転倒したくらいで済みましたが、神戸には先生や友達が大勢いて、亡くなったり震災後の生活で健康を崩した人もいました。一人暮らしだっただけに不安で心細く、余震におびえていた記憶がよみがえってきました。

f0370467_22091527.jpg
f0370467_22121886.jpg
紀伊半島に住む人間として気になるのはやはり地震と津波です。
展示資料によると、およそ100年に一度の割合で太平洋沿岸に大地震が起き、南海トラフ、東南海トラフでの地震が連動することもあり、いずれも地震の後には津波が甚大な被害をもたらしました。私の住む芳養には、1946年の昭和南海地震の記録として津波潮位標識の石碑があります。(下の写真 国道42号線、芳養交差点の一角)ちょうど石碑のてっぺんまで津波が来たことを表しているそうです。今後30年の間でマグニチュード8から9クラスの地震が起きる確率は70%。いつか来るその日のために備えたいですね。
f0370467_22170062.jpg


by maekayoblog | 2016-09-02 23:39 | 防災 | Comments(0)