人気ブログランキング |

かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

福寿のつどい

明洋町内会の福寿のつどいに来賓でご一緒させて頂きました。

明洋団地は1971年に開発公社によって作られた団地です。
それから数年後、両親がこの団地に居を構えて以来、私はずっと明洋団地で過ごし町内会や子ども会を通して皆さんに育てて頂きました。
なので皆さん私を「かよちゃん」と呼んでくださいます。
お祝いのあいさつでは、今日は地域の皆さんに育てて頂いたこと感謝と、今度は私たちが子ども会や町内会の活動を通じて、皆さんが築いてこられた道を受け継いでいくこと、また議員としてもこの町で皆さんが末永く幸せに暮らせることができるよう取り組んでいくことをお話ししました。
その後子ども会で1曲歌を披露しました。

今日は我が家は、夫は町内会役員として、息子は子ども会のメンバーとして一家総出でした。
改めてこれからもご健康で幸せに過ごされることをお祈りいたします。

明日は一般質問登壇日です。がんばります!
項目は2つ。ご要望を頂いた事柄で、願いを届けてきます!

f0370467_23273829.jpg

by maekayoblog | 2019-09-16 23:27 | 地域 | Comments(0)

不誠実

去る9月13日、9月議会本会議において、新庁舎駐車場の購入費増額について審議が行われました。

店舗付き立体駐車場の建設費を市は当初14億円と見込んでいたのが、オークワ社が入札をかけた結果、資材高騰によって17億円となり見込み額を大幅にうわまる事態となりました。これに伴い本議案は、本年度当初予算で設定した購入費の限度額を6億5700万円から3割増の8億3931万円に増やすというもので、特別委員会や総務委員会でも見通しの甘さに批判が相次いでいました。

日本共産党はかわさき五一議員が討論(市議団のホームページに掲載していますを行い議案に反対しましたが共産党3人を除く賛成多数で可決されました。賛成した議員からは一切の賛成討論がありませんでした。あまりにも不誠実ではないでしょうか。委員会では当局に「市民に納得が得られる説明を」と何度も発言されていましたが、賛成した議員には心の奥では認め難い議案に賛成した理由を市民に対し説明する責務があると思います。

共産党の市議団ホームページではかわさき議員が行った反対討論の原稿を載せております。市庁舎移転事業の何が問題であるかを端的に訴えています。ぜひお読みいただいて市民の皆さんと共に市庁舎移転を考えていきたいです。




by maekayoblog | 2019-09-14 23:24 | 議会 | Comments(0)

ラストコンサート

田辺第九合唱団最後の公演となる第34回田辺第九演奏会の結団式に出席しました。
最後だから、ということで応募が殺到し、約20人の新入団員を迎え、260名余りの大合唱団となりました。
田辺第九合唱団の活動がこれで終わってしまうことに複雑な思いはありますが、ラストコンサートが団員皆さんの生涯の思い出となるよう、皆さんと一緒に取り組んでいきたいです。
私自身はソプラノを歌いますが、パート指導はアルトを担当させ頂きます。
アルトの皆さん、どうぞよろしくです!
f0370467_00525769.jpg





by maekayoblog | 2019-09-10 00:53 | 音楽 | Comments(0)

どうして違うの?本心と議決

今日、午後から総務企画委員会があり、市庁舎移転に関連して、オークワが建設する店舗付き立体駐車場の建設費が値上がりしたことによる、市の負担額を変更する補正予算の審議を行いました。

オークワが建設する立体駐車場の建設費用を、市は14億円と見込んでいたのが、主に資材の高騰により入札額が3億円増の17億円となり、市の負担分6億5千万円が8億4千万円になるとの説明がされました。工事請負契約後に更に費用が増えるような事態が起こった場合、市の負担額を見直すことができるよう契約書に盛り込むことはできるのか?との委員からの問いに対して、公共工事ならそういうこともできるが、民間の契約書式になるためどうなるか分からない。建設の場面ごとに価格には留意して対応していく。結局のところずるずると値上がりに応じ続けることになりかねないことが浮き彫りになりました。

私はそもそも東山への移転は、高すぎる費用と周囲が津波浸水想定域であるため防災拠点機能の面から反対の立場ですが、こんな青天井のような計画を認めるわけにはいかないとの思いから、立体駐車場の場所を変えて検討する必要があるのでは?と提案しました。

具体的には、店舗の上に立体駐車場を積み上げることによって、市単独の駐車場を作る場合より1億3千万円ほど余分に建設費がかかってしまう計算となるため、市の駐車場を店舗の上に乗せないで、2年前の調査段階で計画していたように庁舎棟の横に立体駐車場を立て、店舗と駐車場はオークワ独自で建設すれば、建設費を抑えられるうえに、オークワにとっても民間ベースで耐震基準値(Is値)を1.25から1.0に下げ、階数も4層から2層に減らすことで費用と工期の縮小が可能となり、双方にとって良いのでは?という提案です。
事前に庁舎整備推進室で話を聞いた際にはその検討もしてみた、とのことでしたが、委員会会場では駐車台数の確保と安全面を検討して現在の設計になった、との答弁でした。

2019年1月に候補地を3か所に選んだ時点から同年3月の候補地選定の調査報告前まで、報告書には東山での庁舎建設にオークワの営業継続の計画はなく、事業費では市道整備、道路拡幅工事はいずれも0円!駐車場整備費は2.9億円でした。報告書から3か月後のオークワとの協定に初めて「営業継続」という言葉が出てきています。そして今や駐車場整備に8億円強、交差点改良に2.5億円、そして今行っている市道整備。営業中の店舗がある土地に庁舎を建てるなど、全国にも例がない事をしたにもかかわらずオークワが営業継続を望むことを想定していなかったとすれば、この計画が余りにもずさんだったと言わざるを得ません。

設計士でもある委員は、「建築の専門家たちが、オリンピック需要時に資材の高騰が読めていないとは大きな責任問題だ。本当ならこんな議案は認めたくない。」と半ば感情が高ぶった様子で当局を叱咤しました。他の委員も「市民への説明がつかない」と苦言を呈していました。

でもいざ議決を取ると、「でも反対はできない。」と反対したのは私だけで他の委員はあっさり賛成してしまいました。今後は債務負担額の範囲を超えないこと、庁舎機能や市民の利便性に配慮しながらコスト縮減を図るなどの付帯決議がされましたが、法的縛りもない意思表示は市民に対する苦し紛れの言い訳のようにも感じます。本心と議決が違うのか、議決が本心なのか、一体全体、議会の役目は当局の意向を推進する機関だと思っているのか、私には理解に苦しい委員会審議でした。

委員会の構成はこちらをご覧ください

by maekayoblog | 2019-09-10 00:19 | 議会 | Comments(0)