かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

講演会「田辺市にもっと男女共同参画を」に参加して

10月2日(日)「田辺市に男女共同参画条例をつくる会」主催の講演会に参加しました。
講師は、和歌山大学准教授の金川めぐみ先生。(私と同じく4歳のお子さんのママでもあるようです)
田辺市は、県下でいち早く「男女共同参画プラン」を策定しているのですが、そのプランをよりよく推し進めるための「男女共同参画条例」は策定されていないそうです。
田辺市の男女共同参画審議会会長でもいらっしゃる金川先生に、条例が「ある」と「ない」ではどう違うのか、などのお話を伺いました。

国連世界女性会議・北京宣言で「男女平等社会をつくる優先的な行動を」と要請を受け、日本では1999年に男女共同参画基本法が制定され、さらに2015年には21世紀の最重要課題として「男女共同参画社会基本法」が施行されたそうです。国の基本法をもとに、地域の特性に応じたきめ細かい具体的内容を「条例」で規定して、地方自治体の最高法規として機能を果たせるようにする必要があるとのことでした。田辺市が制定している「プラン」はあくまでプランであって、義務付け効果がないということです。

条例を作る効果は次のようなことがあげられました。男女共同参画を推し進めるうえで、「条例にあるから」という根拠になり、性別の違いからくる問題の苦情処理機関が作られ、問題解決を求められる、あるいは訴訟を起こす根拠にもなりえる。また条例に盛り込まれた内容が、変えたり削除されたりしない限り継続される。財政難になっても参画事業などが廃止されるような危機を跳ね返せる。究極は、男性にとっても働きすぎを解消できたりと、「いいとこ取りの幸せ行政」になる、とのお話でした。

その後、5つのグループに分かれて、意見交換。
私は必死に食らいついてお話を伺っていたのに、その上なぜか意見をまとめて発表する羽目に…💦
グループの意見はだいたい以下のようでした。
「町内会など地域の役員は男性が就くことがほとんどだけど、男女関係なく能力のある人が、それをする、またはそれを認める社会になってほしい。また市議会では、党派による違いを超えて、一致できる点で共同されることを期待したい。
そのための取り組みとして、教育と家庭での意識改革をしていく。それをより早くしっかり行うために、行政が「条例」という形でリーダーシップをとることが望まれる。」
ほかのグループからは、まずは「知る」ことが大切で、その対象として中高生にも加わってもらえれば、などの意見が出ました。

感想として、「プラン」「条例」とでは推進力が違うことがわかって良かったです。また働く人が気持ちよく働けたり、働きすぎを解消して健康を保てたり、家族との時間が持てたりと、個人が大切にされる社会への一つの道だ、と感じました。21世紀の最重要課題ではあるけれど、男女平等が社会の隅々にまで行き届くには、まだまだ時間が必要かもしれません。そう考えると、やっぱりまず家庭で小さなことから「気づき」「変えていく」ことが大事であることを感じました。



# by maekayoblog | 2016-10-11 01:34 | 男女共同参画 | Comments(0)

楽しいつどい

新庄の橋谷にて、つどいにお邪魔させていただきました。
飲んで食べて、ときどきちょっと真面目に政治談議。
来年4月の市議選に向けてのご挨拶もしっかりさせて頂きました。

それにしても突っ込んだ話になるのかな?と少し心構えをしてたのに完全な飲ミュニケーションで、おかげさまで橋谷の皆さんとの距離が縮まりました。
「お~い、かよちゃん、歌ってよ」のリクエストにお応えして「赤とんぼ」を歌いました。

f0370467_23145784.jpg
お話によると、こちらの町内では、お祭りの時には、獅子舞や太鼓などを大人も子どもも住民みんなで盛り立てているそうで、なんと、女性方がお寿司をお米6升分、おにぎりを4升分作って振る舞うんだそうです。
すごいですよね。「町の行事をみんなで盛り立てる」、これが地域力となって、災害の時などに力を発揮されるのでしょう。
 これから橋谷の皆さんのお役に立てられるよう、たくさんお声を伺ってしっかり勉強してまいります!お邪魔させていただきありがとうございました。





# by maekayoblog | 2016-09-29 23:16 | つどい | Comments(0)

19日を忘れない

昨年、国民の過半数が反対、8割が説明不足とした安保法制(戦争法)が強行採決されてからちょうど1年の節目にあたる9月19日、「戦争する国づくりストップ田辺・西牟婁住民の会」の皆さんと街頭スタンディングをしました。過ぎ去ったことにしない、19日を忘れないという思いを、買い物に来ているお客さんや、国道を行きかう車に手を振ってアピールしました。久保ひろつぐ市議のスピーチの後、私も訴えをさせていただきました。

もうすぐこの地域ではお祭りで賑わいます。私たちが平穏な暮らしをしている同じ時に、青森の陸上自衛隊では11月に南スーダンでのPKO活動に派遣されるにあたって様々な訓練をしています。訓練の中には安保法制による「駆けつけ警護」と「宿営地共同防護」のために、いざとなれば相手方の命を銃で打ち落とす行為もあります。派遣先で自衛官が殺し殺される事態になるかもしれないのです。安倍首相は、安保法制は「日本国民の命と財産を守り抜くために必要な法制」と言いますが、日本から遠く離れた地球の裏側で、現地の安全のためと称して人を殺め、恨みを買うかもしれないことの一体どこが、「国民の命と財産を守る」ことと関係があるのでしょうか。

自衛官も南スーダンの反政府軍の人たちも、もとはみんな母から生まれた子どもたち。命を奪ったり奪われたりするのがわが子だったらと想像してみてください。「国のために貢献してきなさい」と、本心から送り出せる母親がいるでしょうか? 世界の平和を守るため、日本は軍事的貢献ではなく、友好・平和的貢献をしてほしいと思います。
f0370467_03481798.png



# by maekayoblog | 2016-09-21 03:42 | 平和 | Comments(0)

子どもの医療費を無料化への取り組み

和歌山県保険医協会の呼びかけで行っている、田辺市でも中学卒業まで通院も助成を求める署名活動をより広範囲に広めるため、私も微力ながら自分にできることは何でもしようと行動しています。

先日、所属する子育てサークルのお母さん方に署名用紙を持って帰ってもらったら、ご家族やご兄弟の署名を集めて持ってきてくれました。今日は息子がお世話になっている幼稚園の保護者役員会があり、そこで保護者会として署名活動をしませんか?と提案してみました。保護者の中には「これは何とかしてほしい」というお声もあり、息子と同い年の子どもさんがおられる先生も「実現化されることを強く願っている」とおっしゃられていて、嬉しいことに役員皆さんから賛同いただき、園児の全家庭に署名用紙を配ることになりました。何筆集まるかとても楽しみです。

助成がぜひとも必要と思われる方、子どもさんが通われている幼稚園や保育所、小中学校のPTAなどに署名活動を広めませんか?


f0370467_02283130.jpg

# by maekayoblog | 2016-09-17 02:32 | 子ども医療費無料化 | Comments(0)

HEIWAな一日 第32回紀南合唱祭

f0370467_19544999.jpg
紀南地方にある様々な合唱団が、一堂に会する紀南合唱祭。今年は9月4日に開催され、19団体が出演し、私は「あすなろ合唱団」の指揮をさせていただきました。
あすなろ合唱団は結成31年目、40代から80代までの幅広い年齢層の混声合唱団で、ここ2年ほどお付き合いをさせて頂いています。皆さん日中それぞれに活動された後の夜に練習があるのですが、さすが歌好き、疲れを吹き飛ばすかのように歌われて、私自身もエネルギーを頂いています。

今回の演奏曲は、小田和正さんの「たしかなこと」と仲里幸広さんの「HEIWAの鐘」。どちらも私から提案させて頂いた曲でしたが、皆さん即気に入ってくださって、最終的に曲を決定してから約4か月ほど取り組みました。練習ではリズムをはっきりさせたり、テンポが速い中でもちゃんと母音を響かせたり、ハーモニーを整えたり…と言い出したらきりがないほど、時にはしつこく追及しましたが、最終的には「楽しむ」ことを目標にしてきました。

本番では、新入団員さんはさすがに緊張されたことと思いますが、皆さん表情も声も良く、活き活きとして歌われました。私は曲の終盤で「あ、皆と一体になれてる」「これって幸せ…」と感じた瞬間があり、さらに歌い終わった後、団員さんが袖で「もんのすごく気持ちよく歌えた~~」とおっしゃってくださり、最高に嬉しい言葉でした。

他の団もそれぞれの個性がじんわりと感じられ、コーラスを人生の楽しみにしておられるのがよく伝わってきました。こうしてたくさんの人たちと幸せな時間を共に過ごすことができ、まさに「HEIWA」な1日でした。

もし、一緒に歌ってみたいな、と思われたら、どうぞご遠慮なくいらしてください♪
月2回火曜日、19時半から、市民総合センターで練習しています。

最後に、あすなろ合唱団の演奏をお聴き下さい。






# by maekayoblog | 2016-09-14 21:51 | 音楽 | Comments(0)