かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

はじめまして、すさみのみなさま

1月14日、すさみ町での新春の集いに参加してきました。
すさみまで高速で行くのは初めて。それまでは美しい海岸線を走ってすがすがしいドライブ気分を味わえたのですが、今回はひたすらトンネルをくぐり抜けるので、どこを通ってるのやら…。時間があるときはやっぱり海岸線を通りたいな。おっとっと、前置きが長すぎました。

新春の集いでは、4月に迫った田辺市議選で立候補するに至ったお話と、なんとしても3人そろって当選できるようお力を貸してください、とお話ししました。
お話の後は、前日に急きょ決まった弾き語りをしました。当日の出発前にちょこっとしか練習できず、つけ刃もいいとこでしたが、「早春譜」「知床旅情」「いのちの理由」を演奏しました。最後には月並みですが「ふるさと」を会場の皆さんと一緒に歌いました。お見送りの際、「がんばってよ~」と力強い握手をしてくださった方もいて、私自身とても励まされました。すさみのみなさま、ありがとうございました!

「がんばれ高田よしかず」公式サイトも併せてごらんください。


# by maekayoblog | 2017-01-14 03:57 | つどい | Comments(0)

スタートダッシュ!

決意表明してちょうど一年にあたる1月10日、市党後援会主催の「新春スタートダッシュのつどい」で、改めて立候補に至った理由と、私がやりたいことをお話ししました。
9条ママnetキュッとのママからも胸が熱くなる応援のスピーチを頂き、改めて素敵な仲間との出会いに感謝すると同時に、とても励まされました。
子育て世代の生の声を議会に届けたい。子どもたちに平和な未来を渡したい。この思いを実現させるべく全力で頑張ります!
私のスピーチは動画をご覧いただければ嬉しいです。


# by maekayoblog | 2017-01-13 00:08 | つどい | Comments(0)

市長さんにビデオレターを届けました

昨年9月から新婦人さんや子育て中のママたちと一緒に取り組んできた「子ども医療費中学卒業まで無料化を」求める署名は4400筆集まり11月17日に田辺市に提出しました。その際、市長さんの日程が合わずママたちの生の声を聞いていただけなかったので、昨年12月19日に再調整していただき、ママたちの声を収めたビデオレターを直接市長さんにお届けしました。新婦人さん、子どもを連れたママたち3人、久保ひろつぐ市議、かわさき五一市議が同席されました。

ビデオレターには、「アレルギーの子ども3人の通院は経済的に厳しい」「医療費無料にしてもらえたら、子どもの学費を備えられる」「お金がかかるとつい受診をためらってしまう」という声などが収められていました。私もひとりの母親としてお願いするとともに、無料化が実施されている他の自治体に引っ越す家族も少なからずあり、子育ての地として田辺市は選ばれていない、と署名活動を通して伺った声を届けました。

市長さんは、「皆さんの思いは重々承知している。来年度は子育て支援という観点で重点的に取り組んでいきたい。」と答えました。2012年から要求実現への歩みが始まり、共産党田辺市議団の3人も何度となく議会で訴え、昨年は無所属の議員お二人も請願に賛成したこの取り組みが、あと一歩というところまできたように思います。
f0370467_03474312.jpg

f0370467_03491977.jpg

# by maekayoblog | 2017-01-12 03:59 | Comments(0)

新春のご挨拶

1月4日、久保ひろつぐ市議、なかもと文郎市議(衆院選挙和歌山3区予定候補)と田辺市内を新春のご挨拶に出かけました。
私は、昨年秋から子ども医療費中学卒業まで無料化を求める署名活動をしてきたことを振り返り、あと一歩とまで来たこの取り組みを、引き続き粘り強くやっていくことを訴えました。
朝9時半から午後3時くらいまで市内を走りましたが、田辺市は広いですね。面積の大きさは近畿で一番ですものね。それでも住民サービスは隅々まで行き届いてほしいですね。

f0370467_02432219.jpg

# by maekayoblog | 2017-01-04 20:00 | 街頭活動 | Comments(0)

何のために生まれて何をして生きるのか♪

第九大阪公演の翌日、12月18日、西部公民館主催の人権学習会に参加しました。
講師先生のお話の前に、地元の第三小学校、明洋中学校の生徒さんによる演説発表があり、お知り合いの娘さんがしっかり発表されていました。

そのあと、われらが「あすなろ合唱団」が2曲演奏しました。学習会の趣旨に合わせて「生命(いのち)賛歌」「アンパンマンのマーチ」を演奏しました。あすなろ合唱団は人数的には小規模の団ですが、歌うのが大好きな仲間ですから、本番は活き活きとした表情で声高らかに歌いました。私は指揮している間ずっとお客さんにお尻を向けているのですが、曲の最後にクルッとお客さんの方を向いて「アンパンマーン!」と呼ぶと、会場が少し沸いたようでした。

各発表の後は、講師:岩崎順子さんによる「97才のおじいちゃんも昔はあかちゃん」の講話を聞きました。ご主人やおじいさまの死を通して、人間は自分たちの命の営みを超えた、天からの大きな計らいのなかで生かされ、学んでいく。私たちの命も何億という命の営みを経て頂いた命、その命を精いっぱい輝かそう、という内容でした。
以前、市党の後援会で落語家露の新治さんをお呼びしたときも、同じことをお話されたのを思い出しました。師匠は「願いに生きる」とかけて「願ばりましょうよ」とお話されていました。「アンパンマンノマーチ」には「何のために生まれて、何をして生きるのか、答えられないなんて、そんなのはいやだ。」「いけ、みんなの夢守るため」とあります。

生きていくには厳しい世の中だけど、頂いた命に感謝して、夢や希望に向かって命を燃やそうと励まされました。素敵なお話を聞いて、すがすがしい気持ちで会場を後にしました。
f0370467_12074330.jpg

# by maekayoblog | 2016-12-30 12:08 | 音楽 | Comments(0)