かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

ストリートコンチェルト@第43回ヤーヤー祭り

田辺市中心部の商店街が歩行者天国となって、それぞれのお店の多彩な企画でにぎわうヤーヤー祭り。
お祭り会場の一角で、普段はかしこまって聴くor演奏するクラシック音楽を野外ライブで楽しんじゃおう、という企画「ストリートコンチェルト」に参加させていただきました。
エレクトーンと誰かで何を演奏するかだけ決まっていて、順番はなし。回数制限もなし。「そろそろ演奏したいな」と思ったらボスに自己申告して演奏する、メインのエレクトーンは軽トラがステージ、という奇想天外なコンサート。企画がそうならこちらも「ええ~い!」とばかりに思いっきり楽しませていただきました。
私は「私の好きなお父さん」(「ジャンニスキッキ」)と「ある晴れた日に」(「蝶々夫人」)を演奏しました。歌のほかに、ヴァイオリン、マリンバ、笙、ピアノといろんな楽器のアンサンブルがあり、夏の夜空にいとも楽しげな音楽が鳴り響きました。
f0370467_02313989.jpg
f0370467_02185883.jpg
f0370467_02322612.jpg
f0370467_02325744.jpg


# by maekayoblog | 2016-08-09 00:00 | 音楽 | Comments(0)

紀南ピースフェスタ2016

f0370467_23583415.jpg
紀南ピースフェスタは紀南地方にある9条の会が、人権・平和・環境など様々なテーマで企画を寄せて開催するイベントです。
第7回目を迎える今年は、8月6日ヒロシマの原爆の日と翌7日に開催され、私は「9条ママnetキュッと」のママたちと参加しました。

「9条ママnetキュッと」の今年の企画は、3.11原発事故後、東京から京都に移住し、世の中の動きに対する想いを発信し続ける詩人・中村純さんとの交流会でした。

6日にはメンバーさんのお店でかき氷を食べながらおしゃべり会。京都のママたちや私たちの活動の様子を語ったりしました。子どもたちも一緒でワイワイとにぎやかな会となりました。

7日はピースフェスタの会場で、中村純さんに詩の朗読を交えて、原発のこと、憲法のこと、女性の活躍のことなどをお話いただきました。また全国にいる原発避難移住者のこども検診活動をされていることなどもお話しくださり、原発事後が決して終わっていないこと、避難移住者とその子どもたちの困難な生活や精神的なつらさを知る貴重な機会となりました。

人の幸せは時には誰かの犠牲の上にある。すべての人が幸せになることは難しいかもしれない。でも少なくとも自分の生活や行動がどんなことにたどり着くのか、考えることの大切さを中村さんとの交流を通して感じました。

ピースフェスタの締めくくりとして、「9条ママnetキュッと」メンバーと子どもたちでコンサートをしました。
「島唄」( THE BOOM)...
「Hey和」(ゆず)
「数え歌」(池田綾子)
「命のリレー」(さんご)
「あまちゃん(NHK朝ドラ)のテーマソング」
演奏した曲は皆が少しずつ溜めてきたレパートリー。練習不足もいいとこでしたが、子どもたちがいてくれたおかげでお客様は温かいまなざしを頂きました。
f0370467_01412120.jpg

# by maekayoblog | 2016-08-07 00:00 | 9条ママnetキュッと | Comments(0)