かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:防災 ( 4 ) タグの人気記事

「防災」って便利な言葉?

9月10日に行った一般質問のご報告です。
今回のテーマは二つ。
1.「文里湾横断道路整備計画における防災の位置づけについて」
2.「小中学校におけるエアコン整備計画の見直しについて」

今回の質問で市の答弁から明らかになったこと

●海の上に橋を架け、避難路・避難場所とした例は全国にない。
●係留している海上保安庁の巡視船が湾外へ出る航路上に橋を架ける、という例も全国にない。
●避難路・避難場所にする、としながらも市は橋の高さを考える際には地震・津波は考慮していない。
●「海から離れる」という避難方法が橋の計画と矛盾するので、市はこれを整理するために「津波避難困難地域解消計画」を策定した。
●でも、文里の避難困難地区には避難行動要支援者はいない。
●同地区内の福祉事業所には支援の必要が高い知的・精神の障害を持つ方が多く、「逃げる」こと自体が困難なため、高台移転を要望している。

これらが明らかになると、市がこれまで「文里地区の要配慮者が逃げ遅れた際に逃げる際の避難路・避難場所として必要」という論拠が使えなくなり、かわりに「選択肢の一つ」と言わざるを得なくなってきました。

なぜ計画に「津波からの避難路とする」などと防災を理由付けしたのか。それは、南海トラフ特措法による防災のための予算を使えるようにするためで、本気で防災を考えていないことがあけすけとなりました。
こうしたことから、本気で命を守りたいと考えるのであれば、効果が不確かなことに数百億もかけるより、高台移転、ブロック塀改修の補助率を上げる、高台への避難路を整備するなど、より効果の高い防災対策をするべきだ、と訴えました。

あれば便利とは多くの方が思うことで、正直私もそうです。でも「最小のコストで最大の効果」、というのが自治法で定められていて、市もよくそのことを言います。100億円以上もかかる橋が「最小のコスト」かどうか、なかなか判断がつきにくいですが、考えてみてください。例えば昨年10月から実施された子ども医療費助成は約1億円の事業です。これを市は「財政が厳しいから」という理由で、多くの市民の願いでありながら実施するまでに10年かかっているのです。田辺市は今、庁舎整備に122億円、景観まちづくり刷新事業に40億円、そこに新武道館、文里湾横断道路…と「田辺市の財政大丈夫?」と心配の声も聞きます。そのようなことを考えると、避難路・避難場所の選択肢のひとつ、という文里湾横断道路計画は、大きなコストと言えるのではないでしょうか。

限られた財政で何を優先させるか、立場や環境によって考えは様々でしょう。私は市民の安心で安全な暮らしを守るという観点から、今後も取り組んでいきたいと思います。

二つ目の項目は次回でご報告します。



by maekayoblog | 2018-09-11 12:05 | 議会 | Comments(0)

9月議会がはじまりました。

今月29日より9月議会が開会しました。
冒頭市長のあいさつでは、広島、岡山での豪雨災害に触れ、近年続く未曽有の災害に対しては、日常的起こっていることだという認識を持つことが必要で、ハード・ソフト面での対応を推し進めていかなければならない。とありました。

田辺市でも直近の台風で浸水や土砂崩れの被害が各地であり、以前防災の講演で片田敏孝教授が「100年、1000年に一度の地震津波災害もさることながら、毎年のように起こる豪雨災害にはこれまで以上に対応を迫られることになる」と話されていたのを思い出しました。今回一般質問では防災や自然環境のことに触れるので、市長の言葉に共感する部分もありました。

提出された議案のうち大きなものは、市庁舎移転事業にともなって、庁舎の位置を変更する条例です。こうした条例の変更は移転事業が完了したのち行うのでは?とも思われますが、このところ議会でも市民の間でも様々な意見が出ているにもかかわらず、東山に移転することの印籠を得たい当局の思いの表れでしょうか。いずれにしても共産党としては、これまで移転先を決めるプロセスや東山では災害対応が困難になるなどの観点から多くの課題を追及してきましたので、今後は対案も示して世論形成を図っていこうと話し合いました。



by maekayoblog | 2018-08-29 23:38 | 議会 | Comments(0)

防災ワークショップ

先月26日(日)、芳養公民館主催の防災ワークショップに参加しました。
今後20年のうちに70%の確率で起こるといわれている南海・東南海地震。その地震・津波から身を守るために、避難場所までどうやって逃げるのかを考える学習会でした。
居住地ごとにグループに分かれて、「逃げ地図」を作る作業をしました。用意されたひもの長さを、お年寄りがゆっくりの速度で3分間に移動できる距離とし、それを地図にあてて、避難場所から自宅まで避難にかかる時間がどれくらいなのかを色鉛筆で色別していきました。

私がご一緒させて頂いたグループは芳養松原2丁目と1丁目。避難時間がおよそ10分から15分以内のところがほとんどでした。避難場所から参加者の自宅までの最短ルートを確認したり、家屋やブロック塀が倒壊してふさがれる可能性がある道を把握したり、その場合の対策を考えたりしました。この地域の津波到達予想時間は津波発生から15分。一見問題なく逃げられそうに感じますが、揺れがおさまって実際に家から出られるようになるのに、10分ほどかかると言われているそうで、予断を許さないことが伺えました。

「逃げ地図」作成の目的は、避難路の確認や問題点を浮かび上がらせるだけでなく、この作業をすることによって「逃げるんだ」という意識をしっかり持つことなんだそうです。町内会レベルでこうした取り組みをしていけば、より避難に対する意識強化や、避難路の問題点の解決につながると感じました。

f0370467_01244726.jpg

by maekayoblog | 2017-04-04 01:25 | 防災 | Comments(0)

いつか来る日に備えて

防災月間に入る少し前、家族で淡路島に行った際、北淡震災記念公園を訪ねました。
ここには震災で現れた野尻断層が当時のままに観ることができ、自然界の脅威を感じさせられました。
私自身、豊中で学生生活を送っているときに阪神・淡路大震災を経験しました。住んでいた部屋の家具が転倒したくらいで済みましたが、神戸には先生や友達が大勢いて、亡くなったり震災後の生活で健康を崩した人もいました。一人暮らしだっただけに不安で心細く、余震におびえていた記憶がよみがえってきました。

f0370467_22091527.jpg
f0370467_22121886.jpg
紀伊半島に住む人間として気になるのはやはり地震と津波です。
展示資料によると、およそ100年に一度の割合で太平洋沿岸に大地震が起き、南海トラフ、東南海トラフでの地震が連動することもあり、いずれも地震の後には津波が甚大な被害をもたらしました。私の住む芳養には、1946年の昭和南海地震の記録として津波潮位標識の石碑があります。(下の写真 国道42号線、芳養交差点の一角)ちょうど石碑のてっぺんまで津波が来たことを表しているそうです。今後30年の間でマグニチュード8から9クラスの地震が起きる確率は70%。いつか来るその日のために備えたいですね。
f0370467_22170062.jpg


by maekayoblog | 2016-09-02 23:39 | 防災 | Comments(0)