かよの「いっぽ、にほ」

kayomaeda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:6月議会 ( 3 ) タグの人気記事

庁舎が東山では救える命さえ救えない

6月議会一般質問、庁舎移転候補地の東山に関して「災害拠点機能について」のご報告です。

南海トラフ巨大地震が発生した際、移転候補地の東山は周囲が津波で浸水すると想定されています。
市はこれまで「東山に通じる道はあけぼのからのルートである」と答弁していますが、そのあけぼのは以下のような被害が予想されます。

●⑤の道は幅が最小6.4mと狭く、古い家や塀が倒れたり、火災によって道路が遮断される。
●盛土造成上(黄色部分)の③④の道路は、大きな揺れによって路面に陥没や亀裂が生じ、通行できなくなる。
●あけぼのと東山に間に架かる⑥のつぶり坂大橋(1992年整備)は、亀裂や崩落、接続部分が沈下する。
f0370467_07093296.jpg
出典:国土地理院地図

こうしたことから、候補地東山は高台であるのはよいのですが、陸の孤島になる恐れがあることから、災害対応機能について質しました。
前田:「唯一の『あけぼのからのルートは』どのような被害を想定しているか?」
危機管理局長:「あけぼのに限らず、家屋の倒壊、火災、道路の損壊によって通行が困難になる」
と、東山に通じる道が通行困難になることを認めました。

さらに、そうしたことに対して
前田:「どのような対策を考えているのか?」
危機管理局長:「災害の状態により、徒歩や2輪車で移動することになる。」
と、職員が庁舎に集まったり、救援救護活動の現場に向かうことが困難になることが明らかになりました。

このような状態で万が一、災害対策本部の設置が遅れれば、的確な情報集約や判断が出来なくなります。
また本部から指示が出されても救援救護にあたる職員の絶対数が足りなければ十分に対応できず、例えば飲料水の備蓄がない避難場所では、夏場であれば物資が届かないために熱中症で亡くなる方も出る恐れがあることを指摘しました。

市長は同日久保議員の一般質問で、「中心市街地のことを考えると候補地選びの範囲がおのずと狭まった」と答弁しましたが、私は「救える命さえ救えなくなるような場所が、災害対応の拠点としてふさわしいとは言えない。市民の命と安全を守るため災害対応機能のことを考えると、範囲を広げて候補地選びをするべきだ」と訴えました。

6月26日に一般質問を行いまいした。議会の録画は下記リンクからPC、スマホでご覧いただけます。
田辺市議会インターネット録画中継





by maekayoblog | 2018-07-29 07:57 | 議会 | Comments(0)

6月議会のご報告

6月議会一般質問のご報告です。

今回は「市庁舎移転について」以下の項目で質問をしました。
①復興事前準備について 
②防災拠点機能について 
③候補地抽出について 

今日は①の「復興事前準備について」の質問内容をご報告します。
阪神淡路大震災の際に「事前復興」という言葉が生まれました。災害が起きる前にどのような街に復興させるかを予め考えておくことで、被災後の復興をスムーズに運ぶことを目的としているそうです。平成19年に内閣府から田辺市に対して復興準備計画についての調査が行われていて、市は「必要性は理解できる」と答えていました。
今回の庁舎整備にあたり、復興準備計画が盛り込まれたなかった理由を聞いたところ、総務部長の答弁は「街づくり計画の区域設定や住民や関係団体との調整に時間を要するため」とのことでした。しかし内閣府の調査から庁舎整備の準備までに4年の時間があったにもかかわらず、無策だったということです。また田辺市庁舎整備検討委員会委員長の牧教授(京都大学防災研究室)は事前復興をベースにした防災都市計画の研究者ですが、こうした専門家のお力を極一部しかお借りせずに庁舎の整備方針が立てられたのは残念です。同時に、庁舎整備は街づくりと一体ですし、防災事業として急がれることでありながら、復興準備については無策とは、いささか都合がよい話だとも感じます。
市は「今後は県とも相談しながら復興事前準備を調査研究をしていく」とのことでした。地域住民との協働が不可欠ですが、一緒に復興と街づくりを考える中で、市政への市民参画や防災の意識も高まっていくことを期待したいと思います。

今日やっと議会の録画が配信されましたので、併せて下記にご案内いたします。
田辺市議会インターネット録画中継
私の一般質問登壇日はH30年6月26日です。
なお録画中継は6月議会分からスマホでもご覧いただけるようになりました。
以前からご要望頂いていたスマホでの観覧を、川崎議員の提案により3月議会の広報委員会で可決されました。
私は現在広報委員会に配属されておりますので、議会の広報について、何かご意見ご要望がありましたらぜひお声をお寄せください。


by maekayoblog | 2018-07-21 03:27 | 議会 | Comments(0)

6月議会開会

6月14日(木)6月議会が開会しました。
冒頭市長のあいさつでは、漁協組合の補助金不正受給事件を受けて、市議会、市民に対しお詫びを述べられました。この頃詫びてばかりの田辺市。市民の気持ちがますます市政から離れてしまいそうに思えてなりません。

さて、今回の一般質問は「市庁舎移転について」です。
質問項目は
①復興事前準備について 
②防災拠点機能について 
③候補地抽出について 
の3つです。

私自身、調べれば調べるほどに、なぜ当局が「最もふさわしい場所だ」とするのか疑問に感じますし、何よりも東山では南海トラフ巨大地震の際、防災拠点としての機能を果たしかねると思っています。また移転先は中心市街地の活性も考慮されたとのことですが、もちろん街の活性は必要ですが、近い将来必ず来る津波地震で街が壊滅状態になることを考えると、瓦礫と化した街をどう再建していくのか、という視点も必要なのではと感じています。

市民の方からは「腑に落ちないことがいっぱい。」
「市民の命を守ることを第一に考えてほしい。」
「前々から決めてたんでしょ?」
と新庁舎整備についてはあまり歓迎される意見を聞きません。
「議会がもっとしっかりしてもらわないと!」とお叱りを受けることも。

先日、共産党市議団で市民が納得できる庁舎移転を求める声明を記者クラブで発表した際、ある記者が「これをひっくり返せる何か大きなことがない状況で異を唱えるのは、急がねばならない事業に対してどう責任を取るのか?」と発言されていましたが、私は市の進める事業に対して単に難癖をつけるわけでなく、救える命も失いかねることが懸念される場所への移転を、当局も議会も「見ざる・聞かざる・言わざる」で推し進めることのほうが重大な責任問題だと思っています。

移転事業は街づくりです。市民の皆さんの協働なくして街は作れません。ぜひ議会傍聴にお越しください。傍聴には申し込み手続きなど一切不要で、市役所5階にエレベーターで昇ればドアの向こうが議場です。

=♪=私と久保・川﨑両議員の登壇日程=♪=
626日(火)
11時ごろ 久保ひろつぐ 1.水産振興について 2.市庁舎移転問題について
13時   前田かよ 1.庁舎移転について
15時ごろ かわさき五一 1.被災(被害)者対応の充実について 2.廃棄物処理の改善について 3.市民の信頼を回復するために



by maekayoblog | 2018-06-16 04:33 | 議会 | Comments(0)